段階/機関 顧客 KS韓国品質標準院 細部事項

準備段階


1. 契約書 作成


2. 資格 : 品質管理技師 又は 品質管理担当者 教育 履修(3ヶ月以上勤務)
顧客の職員であることを証明(例: 日本内書類)

3. KS審査基準による検査設備(矯正検査 含む)


A. KS 認証 教育計画


4. KS審査基準による製造設備
認証準備段階
(最少 3ヶ月 実績)

5. KS 審査基準による(該当する場合に実施)


6. 顧客と コンサルティングが共同構築


7. SYSTEM 実行 – 現場 – 5S, 3正, 付着物
ファイリング, 記録作成

8. 提出書類, 会社現況等 認証審査に 必要な事項準備

9. コンサルティングに依り実施
審査/
認証段階
(申請語約 50日)

10. 認証申請 : 申請書 作成, 該当 KSA支部に申請


11. 審査員 2名 3泊4日 出張 (1品目)
審査費 : 地域により多少差異が発生

12. 工場審査 合格後 実施

13. 製品審査 合格後 認証書 発給
(大略 工場審査後 45日)